•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


タウン形成外科クリニック 頬骨削り

■タウン形成外科クリニック 頬骨削り
タウン形成外科クリニックは東京表参道に1院。東北は青森、盛岡、仙台、郡山、いわきの5院を構える美容外科クリニックです。

■頬骨削り 失敗(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。
また、頬骨削りは全身麻酔下で行われる輪郭形成手術なので数日の入院が必要になります。
入院設備の整った術後の安全管理ができる病院を選択することも重要になります。

■頬骨削り たるみ(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨を大きく切り取った場合や年齢を重ねてからの頬骨削りの場合はたるみが出るリスクが考えられます。
頬骨削りの術後にたるみがみられても新しい骨格の位置に筋肉や皮膚組織がなじんで数ヶ月でたるみが解消する場合もありますし、そのまま残ってしまうケースもあります。
たるみ予防に頬骨削りと同時にフェイスリフトなどを勧めてくるクリニックもありますが、もしフェイスリフトなどをするにしても頬骨削りが終わって術後の経過を見てからにしたほうが賢明でしょう。

■頬骨削り 症例(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは頬骨縮小とも言われる美容整形です。
頬骨削りは主に正面から見た際の横幅と、斜めから見た際の頬骨の突出が気になる方が対象となります。
頬骨は形態上、体部には厚みがありますが、弓部に厚みがないため、削ることができるのは体部のみです。
体部のみでは、斜めから見たときの頬骨の突出はある程度改善できますが、正面から見たときの横幅を変化させることができません。
このため実際には頬骨の骨を切り取る手術を行い頬骨の突出を解消し美しい小顔を目指します。
頬骨削りの症例としては大きく分けて口内から切開を行う口内法と、もみあげ後方を切開して行う口外法の2種類があります。
一般に口内から切開を行う口内法が主流ですが、頬骨弓部の骨切りを行う場合はもみあげ後方の切開が必要になります。
また、すべての手技を口外法によりもみあげ後方の切開から行うクリニックもあります。口内法のメリットとしては、口の中を切開するため顔の表面に傷が残らないことと、骨を大きく切る事が可能なことです。
逆にデメリットとしては、腫れが強く出やすく、比較的長いダウンタイムが必要になることです。
口外法のメリットとしては、口内法に比べて腫れや痛みが軽いこと、ダウンタイムが短いことなどが挙げられます。
逆にデメリットとしては、顔表面に残る傷を極力小さくするために1~1.5㎝程度の切開口から手術を行うため大きく骨を切って形を整える事は出来ません。
傷口はもみあげに隠れて目立ちにくいとはいえ、やはりうっすらと残ってしまいます。

■頬骨削り 名医(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨削りを含め、輪郭の骨削り・骨切りは美容整形手術の中でも特に高度な技術が求められます。
形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

■頬骨削り 腫れ(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの腫れは術後2~3 日目をピークに徐々に引いていきます。
頬骨削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
そこから多少むくみが感じられる状態に落ち着き、完全にむくみが取れるまでに3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。

■頬骨削りたい(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨の張り出しが気になる、顔がごつくみえる、張り出した頬骨のせいで女性なのに男性らしい印象に見える、角張った頬骨のせいで性格がきつそうに見える、顔の横幅を減らしたい、優しい印象の丸顔にしたい、瓜実顔にしたい、女性らしい柔らかい雰囲気になりたい、年齢よりも老けてみられる、頬骨が高いせいでつり目に見える、頬骨が張り出しているせいで写真に写ると顔が大きく見える・・。
頬骨削りは上記のような方に適応する美容整形手術です。

■頬骨削り 効果(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨削りにより正面から見た際の横幅と、斜めから見た際の頬骨の突出を改善することができます。また、頬骨のでっぱりを解消することで、小顔に見える、若々しい印象になるなどの効果が期待できます。
頬骨削りは頬骨の骨自体を削るので後戻りしてしまうという心配はまずありません。
また、頬骨削りはエラ削りや顎削りなどと組み合わせることで輪郭全体にアプローチすることができるため、頬骨が目立たなくなるだけではなく、最強のシャープな小顔を作ることが可能です。

■頬骨削り ブログ(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
実際に頬骨削りを受けた感想や経過を写真、画像、動画などを添付しながらブログにつづっている方がいらっしゃいます。
実際の体験談に勝るものはなし!とそれらのブログを参考にされる方も多いと思います。しかし、ブログなどの情報はその内容のすべてを鵜呑みにせず参考程度に留めておくべきだと思います。
ブロガーの方が成功したからといって他の患者が同じように上手くいくとは限りませんし、ブロガーの方が失敗したからといって他の患者も満足しないとはいえません。
それ以前に、ネット上というのはいわば誰もが匿名で投稿できる無法地帯。
その経過ブログや体験談ブログにかかれている「体験談」は本物だとは限りません。
美容外科クリニックに通じる”紹介屋”やクリニックの身内による集客目的の投稿である可能性も否定できません。
もちろん、頬骨削りの経過ブログや体験談ブログの中には実際に手術を受けた患者による生の声も存在するでしょう。
ですが、やはりネットの特性を考えるとこれらのブログは参考程度に留めておくのが賢明だと思います。

■頬骨削り 経過(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨削りの術後、麻酔から覚めるとドレーンという血抜きの管につながれた状態であることがあります。
これは血が溜たまることを予防し回復を早めるためです。
通常、手術の翌日に抜去します。
頬骨削りの手術後は目立つ腫れが約2 週間ほど続きます。
頬骨削りの腫れのピークは2~3 日目くらいでそこから徐々に引いていきます。
また、内出血がみられ皮膚が紫色や黄色になることもあります。
これは頬骨削り時の手術操作によって細かい血管が傷つき、皮膚の下で出血たためです。
内出血も2 週間程度で消失しますので心配いりません。
口の中の傷を縫合した糸は10日~14日後に抜糸します。
口外法でもみあげあたりの皮膚を切開した場合は1週間ほどで抜糸します。
また、洗顔、シャワー、入浴についてですが、シャワーのみであれば首から下は頬骨削りの手術翌日から可能です。
顔や頭部から上はドレーン抜去の翌日から濡らして大丈夫です。
しかし、入浴は血流をよくするので痛みが強くでる可能性があるため、頬骨削り術後一週間は控えたほうがいいでしょう。
メイクはドレーン抜去の翌日から、傷口をさけて可能です。
歯磨きに関しては頬骨削り手術翌日から可能ですが、やわらかい歯ブラシから始め傷に直接当たらないよう注意してください。
また、毎日消毒液を使用してよくうがいをして口腔内を清潔に保ちます。
頬骨削り術後の食事に関してですが、手術当日、もしくは翌日からおかゆなどやわらかいものからはじめます。そして徐々に普通食に近づけていきます。
約1~2 週間は熱いもの、刺激のあるもの、堅いものは控えて下さい。
頬骨削り退院後の通院は通常術後1週間目、術後2週間目(抜糸)、3ヶ月目、6ヶ月目となります。
腫れがひいたあともむくみが3ヶ月~6ヶ月ほど続きます。
これは他人からみてさほど目立つようなむくみではありません。
自分で少し違和感を持つ程度のむくみです。
頬骨削りの完成は約6 ヶ月といわれています。

■頬骨削り モニター(Theme-タウン形成外科クリニック 頬骨削り)
頬骨削りは比較的高額な手術ですのでコスト面を考

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •