•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨削り

現在アラサー独女の管理人。
高校の卒業式の翌日を皮切りにこれまでに計6回の美容整形手術を受けました。
6回の手術のうち2回は手術料をケチったためにヤブ医者の手にかかり失敗。でも修正手術は名医中の名医に託し2回とも成功しました。
なので私の美容整形歴は正しくは計8回ということになります。(汗)
管理人は美容整形の成功・失敗を自ら体験し、その経験を生かしつつ美容整形カウンセラーもしてきたので頬骨削り手術を含め数々の症例を知っています。
このブログでは管理人自身の体験談、名医推奨、失敗しないマル秘情報、業界裏事情、裁判傍聴、そして時に恐ろしい結末を起こしてしまう美容整形の実態などをつづっていこうと思います。

<頬骨削り>
頬骨削りは頬骨の張り出しが気になる、顔がごつくみえる、顔の横幅を減らしたい、優しい印象の丸顔にしたい、年齢よりも老けてみられる、頬骨が高いせいでつり目に見える、といった症状の方に適応する美容整形手術です。
頬骨削りには様々な手術方法がありますが、口腔内から頬骨体部の骨を切除し、もみあげ後方の切開から頬骨弓部の骨切りを行う手法が一般的です。
頬骨削りは美容整形の中でも特に高度な技術が求められます。
もし失敗しまうと修正手術・再手術が困難なだけではなく、顔の痺れや麻痺、咀嚼困難などの後遺症が一生残ってしまう可能性もあります。
頬骨削りをするに当たっては形成外科全般にわたる幅広い知識と経験を持ち、顔面の骨切り術の経験豊富な医師を選択すべきです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •