•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り たるみ

こんにちは。

突然ですが、年配になってからエラ削りをやるとたるみができる、といいますがたるみが出来てしまうのは何歳からでしょうか?

正解は・・・
約25歳以降でした!

もちろん、これには個人差が大きくあります。25歳以降に、たとえば35歳で手術してもたるみが出ない方もいらっしゃいますし、反対に22歳で手術をしてもたるみが出たという方もいます。

しかし、一般的に25歳を過ぎてからのエラ削りなどの輪郭整形(顎削り、頬骨削りなども含め)はたるみのリスクを念頭において手術に挑むべきです。

顔面は、骨組織(顔面骨)が土台になり、その上に筋肉、脂肪皮膚などの軟部組織が付着しています。
エラ削りなどの輪郭整形手術は骨組織のボリュームを削るため、相対的に軟部組織が余ることになり、結果として皮膚や皮下脂肪がたるむというわけです。

骨をたくさん削れば削るほど、軟部組織が余ってしまうので皮膚や皮下脂肪もたるむ可能性が高まります。

まだ年齢が若いうちは皮膚の収縮力があるため、エラ削りなどの輪郭整形手術をした後、新しい骨の位置になじむように皮膚が引き締まり、皮膚や皮下脂肪のたるみが術後の一時期のみで解消されたり、たるんだとしても比較的少なくてすみます。

しかし、歳をとると皮膚の収縮力がなくなるため、歳をとってから顔面輪廓骨切り手術をすると、皮膚や皮下脂肪がたるんだまま元にもどらないという事態がおこります。

悲しいことに年をとると皮膚の力ってこんなにも弱くなるんですね。

ちなみに、年配の方がエラ削りなどの顔面骨切りを行う場合に、たるむ可能性を考えて同時に皮膚とその下の筋膜を引き上げるフェイスリフト手術を受けることを推奨してくるクリニックまあります。

しかし、上記のように、たるみが実際に出るか出ないか、もしくは経年で新しい骨の位置に皮膚がなじむかどうかは手術する前には分かりません。

フェイスリフトは同時でなくても、手術後数ヶ月経過した後でも行うこともできます。

ですので、まずは骨を削る手術をして、焦らずに様子を見る、というのがいいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

▽下記は参考までに管理人のブログに寄せられた「エラ削り たるみ」に関する読者からの寄稿記事です。

神奈川県 女性
一年前に33歳でエラ削りをしました。かなりのエラ張りでしたので、術後は細くなった輪郭にかなり満足しています。
でも、エラ削りから半年経ってフェイスラインがたるみ始めてたのが気になります。
ほうれい線も深くなってしまいました。
手術前のカウンセリングの時に、医師から「あなたはたるみやすいタイプだからフェイスリフトもやったほうがいい」とすすめられましたが、正直営業トークだと思いましたし、30代でフェイスリフトなんて早すぎると思ってやりませんでした。
いまではそのことを後悔しています。
リッツ美容外科か城本クリニックかあきこクリニックでフェイスリフトをして、たるみを治したいです。
たるみ取りのダウンタイムはどのくらいでしょうか?
また、後遺症や失敗やリスクは考えられますか?
アフターケアの万全な病院、たるみ取りの名医を紹介してください。

愛知県名古屋市 女性
韓国でエラ削り整形しました。
術後の圧迫がつらかったですけど、料金は安いし、更にモニターでやったので格安できれいになれました。
手術跡も口の中で目立たないし、顎削りも一緒にやったんですけど、かなり小顔になって写真にもきれいに写るようになって満足しています。
でも手術のあと顔がたるんで老けて見られることが多くなりそれが悩みです。
顔をリフトするしかないと思うのですが、安全性の高い方法で治療してくれる医者を探しています。名医を教えてください。

以上、今日のテーマは「エラ削り たるみ」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •