•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


【顎のセットバック 体験談】ブログ

神奈川県 20代
口元が前に出ていて馬面なのが悩みです。笑うと歯茎が目立ち、本当に馬のようです。セットバックという上下顎骨切りの整形をしたいです。ルフォーとの違いはクリニックブログを読んだり矯正で説明を聞いてなんとなくわかりました。私はさほどひどい受け口ではないようなのでセットバックを整形外科でやれば口元はきれいにできそうです。韓国での整形でもいいのですがもし失敗するかもしれないリスクを考えて、日本の名医にセットバック手術を受けたいと思っています。セットバック整形のダウンタイムも考慮してこの7月に手術したいのでセットバック整形の失敗しない名医を教えてください。

△上記は管理人のブログに寄せられた「顎のセットバック」に関する読者の寄稿記事です。

アラサー独女の管理人。これまでに計6回の美容整形を受けました。
6回のうち2回はヤブ医者の手にかかり失敗。でも修正手術は名医中の名医に託して2回とも無事に成功しました。
つまり私の美容整形歴は計8回が正しいです。
管理人は美容整形の成功・失敗を自ら体験し、その経験を生かして美容整形カウンセラーもしてきたのでセットバックの手術を含め美容整形の数々の症例を熟知しています。
ちなみに、管理人はセットバックの手術を受けた患者さんとのつながりは多く、また、セットバックの手術をどこの美容外科に託したらいいのかと迷っていた方々の相談にもたくさんのってきました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<セットバック>
セットバックは口元が出ているのが気になる(上下顎前突)、顎が長いのが気になる(下顎前突)、出っ歯が気になる(上顎前突)、笑ったときに歯茎が見えるのが気になる(ガミースマイル)といった口元や顎の悩みを持つ方に適応する手術です。
セットバックとは、左右の4~5番目を抜歯してスペースを作り、前歯6本分の歯茎の骨(歯槽骨)を後ろに下げる手術です。
上顎のみ下げる場合を「上顎セットバック」、下顎のみ下げる場合を「下顎セットバック」、上顎・下顎の両方を同時に下げる場合を「上下顎セットバック」といいます。
セットバックは俗称で医学用語では上下顎分節骨切り術といいます。
セットバックのメリットは前歯の歯茎の骨を一部動かすだけなので、上顎骨や下顎骨を全体で動かすルフォー1型+SSROなどと比べて、手術が簡単でダウンタイムも短くてすみます。
反対にデメリットやリスクとしては、健康な歯を抜歯しなければいけないこと、前歯あたりの骨を部分的に移動させるにすぎないので反対咬合や左右非対称を根本的に治すことができないことが挙げられます。
上顎骨や下顎骨を全体で動かすルフォー1型+SSROの手技は非常に難しく美容外科医でもできる医師は一握りです。
そのため、それに変わる方法としてセットバックを提案するクリニック及びドクターもいますが、セットバックを受けるにあたっては本当にその方法がベストの治療法であるのかを一考する必要がありそうです。

・セットバックの手術を行っているとされる主なクリニックは下記の通りです。
ラ・クリニカシズオカ、アネシス美容クリニック、ヴェリテクリニック、恵比寿ASクリニック、大塚美容形成外科歯科 、ガーデンクリニック、アイルクリニック、共立美容外科歯科、クリニカ市ヶ谷 、こいずみ形成クリニック、小木曽クリニック、コムロ美容外科、酒井形成外科、自由が丘クリニック、サラ美容外科、慶友形成クリニック、湘南美容外科クリニック、城本クリニック、タウン形成外科クリニック、タカナシクリニック、東京イセアクリニック、ドクターゴールドマンクリニック、しらゆりビューティークリニック、名古屋形成クリニック、名古屋中央クリニック、百人町アルファクリニック、プリモ麻布十番クリニック、真崎医院、東京美容外科、松林景一美容クリニック天神、南クリニック、横浜エーブクリニック、ライフクリニック、 ID美容外科、リッツ美容外科

・セットバックの手術を行っているとされる主な医師一覧は下記の通りです。(敬称略)
高須幹弥、水野力、福田慶三、浅古寛、阪田和明、石原信浩、半田俊哉、石井秀典、中西雄一、松木貴裕、丸山直樹、柴田智一、久次米秋人、浪川浩明、酒井直彦、矢沢慶史、奥田宗央、倉片優、蘇雅宏、菅原康志、小木曽祐一、濱田英之輔、小室好一、酒井倫明、苅部大輔、古山登隆、中北信昭、相川佳之、中村大輔、、須田陽一、加藤周、千代俊明、久保健太郎、田中真輔、森上和樹、河之口大輔、上茂、高須克弥、高梨真教、吉種克之、山田奈々、麻生泰、小野准平、上敏明、高野敏郎、松林景一、南晴洋、木村知史、阿部聖孝、広比利次、永井宏治、菅原康志、パク・サンフン、高橋金男、ヒョン・ウォンソク

以上、今日のテーマは「顎のセットバック」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •