•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


【下顎前突症 体験談】ブログ

岐阜県 20代
下顎前突症とはいわゆる下顎が前にせり出した受け口の状態ですが、矯正のみで手術なしの治療しても顎が長いしゃくれの外見は変えられないのだと分かり、外科矯正(顎の骨を切る手術)を前提とした治療をしています。あと半年で手術が出来そうなのですが、大学病院で保険適応の手術では外見に不満を残す人がかなりいるということを下顎前突症の手術ブログなどで見ました。失敗と感じる原因は下顎前突症手術後にあまり顎がひっこまないことや左右非対称になってしまうことがあること、鼻が広がったり潰れてしまったりといった変形のリスクが高いことなどがあげられます。下顎前突症を美容外科でやるという選択肢もありますが自由診療の費用はルフォーとssroという大学病院と同じ手術で3倍も高いため悩んでいます。やはり大学病院ではルックスのことまで気遣ってもらえませんよね…?下顎前突症ブログでも後悔の口コミが多いのでほんとうにオペをどこに託していいのか迷っています。

△上記は管理人のブログに寄せられた「下顎前突症」に関する読者の寄稿記事です。

私はこれまでに計6回の美容整形を受けました。
6回のうち2回はヤブ医者の手にかかり失敗。でも修正手術は名医中の名医に託して2回とも無事に成功しました。
つまり私の美容整形歴は計8回が正しいです。
私は美容整形の成功・失敗を自ら体験し、その経験を生かして美容整形カウンセラーもしてきたので下顎前突症の手術を含め美容整形の数々の症例を熟知しています。
ちなみに、私は下顎前突症の手術を受けた患者さんとのつながりは多く、また、下顎前突症の手術をどこの美容外科に託したらいいのかと迷っていた方々の相談にもたくさんのってきました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<下顎前突症>
下顎前突症は俗に受け口といわれる状態です。
下顎骨の過発達のために咬合時に下顎の前歯が上あごの前歯より前方にあります。この状態は反対咬合とも呼ばれます。下顎前突症の方は顔の中央部がやや陥凹し、顔の下半分が長く、横からみると三日月のような輪郭に見え悩まれる方が多いです。
また、笑ったときにさらに下顎が目立つため笑顔を改善したいと訴える患者も多くいます。
下顎前突症は歯性と骨格性のものとに分けられます。
歯性の場合は歯列矯正のみで改善する場合もありますが、骨格に原因のある場合は外科的治療が必要になります。
下顎前突症の治療法としては、下顎骨切り術、セットバック、上下顎骨切り、下顎分節骨切り術、上下顎分節骨切り術、ルフォーⅠ型骨切り術、下顎枝矢状分割術、SSRO、下顎骨形成術、顎後退術、顎削り、顎切り、両顎手術、オトガイ形成などが挙げられます。
よく、保険が適応になるので大学病院などの口腔外科で手術したいという相談を受けますが、あくまで保険適応の口腔外科でのオペは咬合機能のためのオペだと思ってください。口腔外科に審美面を求めてもその部分は追求してくれません。もちろん、噛み合わせだけ治れば満足という方は口腔外科の名医に託せばいいと思いますが、噛み合わせが改善されたけれど、下顎前突症の容姿は改善されなかったと修正の相談を寄せてくられる方が非常に多いです。咬合機能だけでなく審美面も追求するのであれば、下顎前突症の名医のいるクリニックで歯列矯正歯科医との連携も可能な医師に託すのがベストな選択かと思います。
下顎前突症の方は上記のほかに、咬合時に上下の前歯にすき間を認める開咬症や、下顎骨が左右非対称で、このため顔も非対称となる下顎非対称などの異常があるケースがあります。また、これらの病態は組み合わさって生じることもあります(小上顎症+下顎前突症、下顎前突症+下顎非対称など)。骨格性の下顎前突症の治療には、輪郭形成に熟達した医師と歯列矯正歯科医との連携が不可欠になります。

下顎前突症の外科治療を行っているとされる病院一部抜粋・・
北海道大学医学部形成外科、岩手医科大学医学部形成外科、千葉大学医学部形成外科、自治医科大学形成外科、北里大学医学部形成外科、東海大学医学部形成外科、聖マリアンナ医科大学形成外科、横浜市立大学医学部形成外科、埼玉医科大学形成外科・美容外科、東京大学医学部形成外科、東京女子医科大学形成外科、東京女子医科大学附属第二病院形成外科、東京医科歯科大学形成外科、昭和大学医学部形成外科、東邦大学医学部形成外科、杏林大学医学部形成外科、杏林大学医学部形成外科、日本医科大学形成外科、聖路加国際病院形成外科、東京警察病院形成外科、北里研究所病院美容医学センター、国際医療福祉大学形成外科附属三田病院、東京病院、東京クリニック形成外科・美容外科センター、愛知医科大学形成外科、金沢医科大学形成外科、大阪大学医学部形成外科、大阪大学医学部形成外科、神戸大学医学部美容外科、近畿大学医学部形成外科、近畿大学医学部奈良病院形成外科、川崎医科大学形成外科、徳島大学医学部形成外科、福岡大学医学部形成外科、久留米大学形成外科、東京大学医学部附属病院、鶴木クリニック医科・歯科、西新井病院、東京女子医科大学東医療センター、帝京大学医学部附属病院、東京都立豊島病院、昭和大学歯科病院、東邦大学医療センター大森病院、東京都保健医療公社荏原病院、牧田総合病院、NTT東日本関東病院、東京都立広尾病院、東京女子医科大学病院、慶應義塾大学病院、東京医科大学病院、国立国際医療研究センター病院、JCHO東京新宿メディカルセンター、東京都立墨東病院、昭和大学附属烏山病院、聖路加国際病院、東京歯科大学水道橋病院、日本歯科大学附属病院、日本大学歯学部附属病院、三井記念病院、東京都立大塚病院、東京医科歯科大学歯学部附属病院、東京都立駒込病院、東京慈恵会医科大学附属病院、国際医療福祉大学三田病院、国立病院機構 東京医療センター、徳洲会東京西徳洲会病院、青梅市立総合病院、公立昭和病院、国家公務員共済組合連合会立川病院、多摩南部地域病院、東京医科大学八王子医療センター、東海大学医学部附属八王子病院、東京都保健医療公社、多摩北部医療センター、東京都立多摩総合医療センター、町田市民病院、杏林大学病院顎口腔外科、武蔵野赤十字病院

・下顎前突症の手術を行っているとされる主な美容外科クリニック・・
アイルクリニック、高須クリニック、アネシス美容クリニック、ヴェリィ美容形成クリニック、ヴェリテクリニック、恵比寿ASクリニック、大塚美容形成外科歯科 、ガーデンクリニック、クリニカ市ヶ谷 、慶友形成クリニック、こいずみ形成クリニック、小木曽クリニック、コムロ美容外科、酒井形成外科、自由が丘クリニック、サラ美容外科、十仁美容整形、湘南美容外科クリニック、しらゆりビューティークリニック、城本クリニック、タウン形成外科クリニック、タカナシクリニック、共立美容外科歯科、東京イセアクリニック、東京美容外科、ドクターゴールドマンクリニック、名古屋形成クリニック、名古屋中央クリニック、BKトンヤン美容外科、プリモ麻布十番クリニック、真崎医院、松林景一美容クリニック天神、南クリニック、ヤスミクリニック、 横浜エーブクリニック、 ID美容外科、リッツ美容外科

・下顎前突症の手術を行っているとされる主なクリニックの医師一覧・・(敬称略)
濱田英之輔、水野力、藤本雅史、福田慶三、浅古寛、阪田和明、半田俊哉、石井秀典、中西雄一、松木貴裕、丸山直樹、久次米秋人、浪川浩明、酒井直彦、矢沢慶史、奥田宗央、倉片優、居川和広、蘇雅宏、菅原康志、小木曽祐一、小室好一、酒井倫明、苅部大輔、古山登隆、中北信昭、中村大輔、竹田啓介、須田陽一、加藤周、千代俊明、久保健太郎、田中真輔、森上和樹、河之口大輔、石原信浩、高須克弥、高須幹弥、高梨真教、吉種克之、山田奈々、麻生泰、小野准平、高橋金男、上敏明、高野敏郎、松林景一、南晴洋、木村知史、阿部聖孝、勝間田宏、広比利次、永井宏治、菅原康志、パク・サンフン、ヒョン・ウォンソク

以上、今日のテーマは「下顎前突症」でした
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •