•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り ダウンタイム


管理人のブログには「美容整形について多くの人に知ってほしいので自分の体験談をブログにのせてください」というメールがけっこう届きます。管理人としては賛成しかねる内容もありますが敢えて原文にちかい形で掲載しようと思います。

エラ削り ダウンタイム

東京都 女性
エラ削り手術をしてから半年が経ちました。
ダウンタイムは2週間、輪郭整形の手術の完成は6ヶ月と術前カウンセリングで担当医に言われました。
今がちょうど完成の時期のはずなのですが、相変わらず顔は腫れたままです(むくみ?)。
術後2週間は順調に腫れが引いていきましたが、そこからの状態からほぼ変わりません。
なんだか口元の腫れで鼻が上を向いてしまってブタ鼻で変なんです。
エラ削りを受ける前は正面から見て鼻の穴は見えなかったのですが、術後は鼻の穴が見えるようになってしまいました。

ダウンタイムよりは腫れは引きましたが、顔の下半分がむくんでじゃがいもみたいでとてもいやです。
せっかくエラを削って骨は細くなったのに顔が大きくなってしまった感じです。
私の手術を受けた美容外科は日帰りで入院はなかったので、担当医に指導されたアフターケアを忠実に守ってがんばってきたつもりなのに…。
一生この顔のままだと思うと耐えられなくて毎晩泣いてばかりです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

神奈川県 男性
以前、顎削りの整形をしたことがあります。
そのときはダウンタイムは1週間といわれていたのに10日たってもはれていました。
なので今回のエラ削りは2週間の長期休暇をとってやるつもりです。
エラ削り経過のブログを見ると腫れは顎削りのときよりひどいように見えます。
失敗すると後遺症とかがひどいらしく、失敗写真を見ると不安になり凹みます。
費用も高いし、なんで自分はこんなに整形が必要な輪郭・顔に生まれてしまったんだろうって。
方法は口内法でやる予定です。
韓国の方が費用が安いのですが言葉や安全面の問題から、日本でやろうか韓国でやろうか迷っています。

以上、今日のテーマは「エラ削り ダウンタイム」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •