•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り 失敗写真

管理人の元には「美容整形について多くの人に知ってほしいので自分の体験談をブログにのせてください」というメールがけっこう届きます。中には管理人としては賛成しかねる内容もありますが敢えて原文に極力ちかい形で載せるようにしています。

エラ削り 失敗写真

エラ削りの手術で失敗されてしまったみたいです。
私は以前は整形する前の栗山千明さんみたいな輪郭でした。
彼女は他の部分のパーツが整っているから美人ですが、私は一重だし団子鼻で頬骨も出っ張っていて、ひどい顔でした。
特に写真写りは悪くて、カメラを向けられるのが苦手で笑って写真に写れませんでした。
小さいときからブスブスといわれてきてほんとうにつらくて、そのせいで人間不信気味で、性格も暗くて、そんな自分を変えたくて二十歳になったときに美容整形手術を受けました。

手術を受ける前に、失敗例をみてリスクを把握しておきたくてエラ削りの失敗写真などを経験者の方のブログなどを見てみました。
特に韓国でエラ削りを受けた人の失敗写真は、顎が細く成りすぎていたりしてかわいそうでした。
後遺症が残ってしまった人も多くて芸能人が整形するように上手くいかないのはなんでなんでしょうね?
湘南美容外科のような費用が安いクリニックやモニターを募集しているような美容外科はダメなんでしょうか?
顎骨削りのブログを書いている方がエラもやって失敗写真掲載していたんですが、その方の術前画像は私の輪郭に似ていたので、術後もし失敗したらこうなっちゃうのかなって怖かったです。
顎削りは整形のダウンタイムがながかったけど、エラ削りも同じくらいするらしく、できるだけ腫れない手術をしたいなと思いました。
酒井形成外科、ガーデンクリニック、銀座フェイスクリニック、ヴェリテクリニック、大塚美容形成外科・歯科、十仁美容整形、あつぎ美容クリニック、湘南美容外科、高須クリニック、リッツ美容外科、小木曽クリニック、名古屋形成クリニック、リッツ美容外科しらゆりビューティークリニック、マックスファクス銀座クリニック、アネシス美容クリニック、城本クリニック、タウン形成外科クリニック、東京イセアクリニック、東京美容外科、プリモ麻布十番クリニックなどが当初の候補は多数あって選び切れず、エラ削りの名医を紹介してくれるサイトに相談をしてクリニックを紹介してもらい、そこで受けました。
そのサイトはエラ削りの失敗写真など載っていたし、手術に詳しかったので信頼できると思ったんです…。

まだ学生だし、あまりお金がなくて、本当は二重整形、エラ削り、頬骨削りをすべてやりたかったのですが、二重はアイプチでなんとか作れるし、まずは一番コンプレックスだったエラを削る方法であるエラ削りを受けることにしました。
いくつかカウンセリングを受けましたが、カウンセリングの時に見せてもらった症例写真が一番魅力的で上記の紹介サイトでもすすめられた美容外科に決めました。
その美容外科はファッション雑誌に広告がよく載っていたので前々から気になっていました。
そして去年の春休みに手術を受けました。
思った以上に顔が腫れて痛みもありましたが、すべてきれいになるためと思いダウンタイムをのりきりました。
しかし、術後から感じていた違和感がはれが引くにつれますますはっきりとしてきてしまいました…。
顔の輪郭の左右が非対称なんです。
まるで術前に見ていたエラ削りの失敗写真みたいです。
顎先からエラまでの長さが左右で違うし、頬の面積が左右で全然違います。
そのせいで顔が歪んで見えます。
口も笑ったときに右と左のつり上がり方が違っておかしいです。
先生に訴えましたが、「術後に多少の左右差がでることはよくあること。手術前にも話しましたよね?」と言われてしまいました。
たしかにそういう説明は聞きましたが、あくまで起こり得るリスクとしての話、という口ぶりでまさか実際に本当に自分の身に起こるだなんて思いもしませんでした。
まだ手術前のエラのあった顔のほうがマシでした。
顔が非対称で歪んでいるってとてもおかしいです。
修正出来るものならしたいですが、今は費用が足りません。
結局、泣き寝入り状態です…。

以上、今日のテーマは「エラ削り失敗写真」でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •