•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ削り体験談

管理人の元には「美容整形について多くの人に知ってほしいので自分の体験談をブログに載せてください」というメールがけっこう届きます。
中には管理人としては賛成しかねる内容もありますが極力原文に近い形で載せるようにしています。

<エラ削り体験談>
エラの骨が張ってるのが一番のコンプレックスでした。
はじめはエラの筋肉が大きいんだと思って、筋肉を落とすために柔らかいものばかり食べたり、筋肉をほぐすマッサージをしたりしたけどだめでした。
次にエラが張っている原因は骨にあるか筋肉にあるかの見分け方の本を読んで原因は骨にあるんだと気づき、エラ骨矯正のために小顔整体、エステ、コルギなどエラ骨を引っ込めるためになんでも試しました。

それでも思うように効果が出ず、エラ張りをカバーする髪型やメイクを追求したけどやっぱり気になります。
男性ならエラ骨が張っていてもイケメンはいますが、女でエラ骨張りで美女っていないですよね…。
そしてついに行きついた整形手術でエラ骨を削るという決断。
資金を貯めるのに2年かかりました。
手術を受けるクリニックは、ヴェリテクリニック、恵比寿ASクリニック、大塚美容形成外科、表参道スキンクリニック、ガーデンクリニック、共立美容外科、慶友形成クリニック、小木曽クリニック、コムロ美容外科で散々迷い、結局口コミやエラ削り体験談ブログのブロガーさんに問い合わせて選びました。
前日になると緊張して眠れず、結局前日は2,3時間しか眠れませんでした。
朝起きてとりあえず手術前の写真を自撮りしておきました。
病院でも撮ったんですが、記録用と、もし手術しても変わらないなんてことがあったら再手術をお願いするときの証明になるかと思って。。
何度見てもひどいエラです(T_T)
それに顔が大きい!!

横顔より正面の方がエラの張りがわかりやすいでしょうか?
私は奥行きのある面積の広いエラなのです。

当日は9時に病院に着き、私が入院する部屋に通されて手術着に着替えます。
それから口の中を磨いたり、先生が部屋に来てエラ削りで削る部分のマーキングをしてもらい、最後のトイレをして11時になる頃に手術台へと移動しました。
全身麻酔は初めてなので、麻酔が怖くて緊張はMAX状態!!
点滴を入れたり、身体に色々付けたりした頃に、麻酔担当の先生がやってきてマスクをつけられました。
「眠くなるガスを出すので、1から順に数えてください」
と言われて、マスクからシンナーのような嫌な匂いがしてきて「1、2…」とかぞえたところで意識がなくなりました。
気づいたら入院室のベットの上でした。
怖がる暇もないほど、すぐに麻酔が効いてよかったです。
やはり、専門の麻酔医のいる病院にして正解でした。

以上、今日のテーマは<エラ削り体験談>でした。
.

※ イメージしやすいよう画像を挿入してありますが文章とは関係ありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •